ランディングページ最適化

ランディングページ最適化(ランディングページさいてきか、英: Landing page optimization、LPO)はコンバージョン最適化、もしくはコンバージョン率最適化(英: Conversion Rate Optimization, CRO)と呼ばれるより広範なインターネットマーケティング手法の一つであり、セールスリードや顧客となりうるウェブサイト訪問者の比率を向上させることを目的としている。 ランディングページは潜在顧客が広告や検索結果をクリックした際に表示されるウェブページである。ここでは通常、広告やリンクについてより詳細に書かれたコンテンツが表示される。ランディングページ最適化では、ターゲットとなる閲覧者に向けてより訴えかけるコンテンツやビジュアルをページ上で提供することを目的としている。

A/Bテスト

A/Bテスト(A/Bスプリットランテスト)は二つのバージョンのページ、"A" と"B"、をテストするのに用いられる手法である。ホームページ、製品ページ、FAQといったサイト上に存在する各ページに対して、複数のバージョンのページを用意しテストを行い、もっとも効果の高いページを決定することを目的としている。二つ以上のバージョンのページを用意することを明示的に示す場合、A/B/nテスト(A/B/n split testing)と表記されることもある。A/Bテストについてのデータは、通常コンバージョンかクリックを基準に測定される[2]。 テストは逐次的、もしくは並行して行われる。逐次テストでは、複数のバージョンのウェブページが一定期間ずつオンラインで表示されテストされる。実装に関していえばこの手法が最も簡単である。並行テスト(スプリットラン)では、トラフィックが二つに分けられ、複数のバージョンが同時期に表示される。テストの結果は時期により著しく変化することがしばしば起こりうる。それぞれのバージョンの測定条件をそろえ、より信頼性のあるテストを行うためには、逐次テストは極力行うべきではない。

売り上げに繋がるWebサイト要件

・アクセス数の確保
・最適なサイト設計
・クォリティの高いデザイン
・コンテンツの魅力
・商品・サービスの魅力
などが要求されます。

費用対効果の高いWebサイト要件

少ない費用で効果の高いホームページを作るには、お客様がほしい情報を的確に得られるように見やすく整理されており、また、お客様が気軽にコンタクトしてもらえるようにお問い合わせページをデザインすることなども必要です。